ザーメンよもやま話

 

 

■大量ぶっかけビデオの終焉?

激は加速し、「より激しく」「より多く」を追求してきた結果、確かにぶっかけた量は多い、でも興奮しない。そんな大量ぶっかけシーンが1作品に何本もある。女優は綺麗。おまけにごっくん付き。一昔前では考えられないような条件に満ち溢れているのに、なぜか興奮しない。

これはなぜ?

自分のマニア感が外れていったのか?もはやマニアではないのか?

こう考えるようになった時、ふと昔の名作といわれるAVを見た。ぶっかけでもなく、女優も古臭い。

でも、興奮した。

何故だろう?と考えてふと思ったことは、

こちらのほうが単純にエロいんです。

モザイクも大きいし、カラミの回数も少ない。フェラは短い。

でも、女優がエロいのと、男優や監督がエロいのがガンガン伝わってきました。

日本もこのまま加速していったら、アメリカポルノのように、SEXはスポーツという感じまで行くのではと思ったこともありましたが、どうも最近では方向も変わってきているようだ。

「綺麗な女優が大勢の汁男優に大量にザーメンをぶっかけられる」といったパターンは飽きられてきたようで、少しずつソフト路線に入っていったようです。

しかし、今までは単純なパターンを、女優を変えてシリーズ化すればよいという、非常に単純な作り方しかしてこなかった監督たちが、この単純必勝パターンが通用しなくなってくると、面白くない作品が目立つようになってきました。

 

「エロい」

もしこのテーマに絞るのなら、今のお勧めは、

「ヘンリー塚本監督」作品

を、強くお勧めしたい。

決して今風でないので、女優やカラミ回数、射精シーンなどは期待できませんが、それを上回る何か忘れていた「エロい」を感じさせてくれる監督です。

一度ご覧ください。

 

 

よもやま話 メニューへ

痴女ザーメンマニア メニューへ