ザーメンよもやま話

風俗店で今までの数倍楽しむ方法 (痴女系・イメクラ編)

 

 限られた時間で最大の満足を得るにはどうしたらいいのか。 ちょっとした準備で、大きな満足が得られるものです。
このサイトに来ている方々ですから、ただ抜ければ良いという店に行くとは思えませんので、+@を得ることが出来るお店で楽しく遊ぶ方法を書いてみます。


○自分のして欲しいことをしっかりと伝える

 限られた時間で、女の子も一生懸命あたなに気持ちよくなってもらおうとします。お客さんによってどこが感じるのかはバラバラですので、一生懸命感じるポイントを探しているのです。ですから先に自分の好みや、して欲しいことを伝えることは、決して恥ずかしいことではなく、逆にありがたいことなのです。(悪い店の娘だと、そんなこと考えず、ひたすら激しくしごいてイカせるだけです)

もちろんこんな例はダメ。
 ・店の趣旨と大きく違う (イメクラなのに縛ってくれ〜など)
 ・過度な要求 (口に出したザーメンでグチュグチュしてくれ → これは過度に入りますw)
 ・乱暴な行為 (イラマチオが好きなんだ! → 対応可能なお店でお願いしてください。)

相談次第でOKでるかも (事前にお店に電話で確認したほうがよいです)
  ・制服を持ち込んで、ぶっかけ (持ち込みは多くの店でOKでます。制服にぶっかけは要相談)
  ・隠語 (自分の興奮するフレーズを紙に書いて渡しておくと対応してたりします)
  ・ザーメン風ローション (本物のザーメンをコンドームに入れて持って行ってはいけません) 
  ・ペニパンなどの小道具 (バイブなどはNG)

伝えておいた方がいい内容は、「自分の興奮する単語(フレーズ)」「流れ」、あと、このサイトの住人は「射精後」も伝えておきたいですね。
 ※「ザーメンお口に出してぇ〜」 or 「精子出してぇ〜」 or 「チンポ汁お口に出してぇ〜」 どれがお好み?
伝える方法としては、事前に紙に書いて渡すか、シャワーの時間に伝えると、意外とスムーズに伝えられたりします。

最近ではお店に事前アンケートがある店も増えました。これはありがたいです。でも細かすぎるのも嫌われますので、プレイ中にリードできる部分は必要ないかな。


○プリントアウトして読んでもらう

 自分のして欲しいことを紙に書いておきましょう。受付で渡すのが恥ずかしい場合は、プレイ前に女の子に読んでもらえばOKです。
ちなみに私は、このサイトのストーリーを印刷して持っていきました。
渡すときは恥ずかしいですが、「インターネットの小説で すごく好きなのがあったから印刷して持ってきちゃった」と言い訳しながら渡しています。
でも、台本どおりに進めることに気を使わせてしまって、肝心の「エロ」さが半減してしまっては本末転倒。やはりエロエロな時間を過ごすために、あくまで参考にしてもらい、あとは貴方のリード次第で、イメージはインプットされていますので、どうにでもなっていきます。
<ストーリー1>  <ストーリー2>


○ 恥ずかしがらず、なりきりましょう 

 テレビを見ていて、素人さんが恥ずかしがって台詞棒読みしてると、こっちが恥ずかしい気持ちになりますが、風俗店ではそれと同じです。イメクラは演技する劇団と同じで、プロの俳優さんが一生懸命演技してる時に、自分が素人だから恥ずかしがって演技していると、かえって浮いてしまいます。ですから、恥ずかしがることは、かえって恥ずかしいことなので、自分から世界を作っていくぐらいのリードがちょうど良いぐらいです。「参考:鶴瓶のスジナシ」

 
○どの娘を選ぶか

 もちろん好みもあるでしょうが、優先すべきを明確にしておくと、お店で写真を見せられた時に迷わずに済みます。何も考えずに選ぶと、どうしても誘惑に負けてしまうので「ルックス」で選んでしまいます。
しかし、皆さんご存知のように、あの写真はプロのカメラマンが最も綺麗に見える角度から何枚も撮り、その中のベスト1を出します。ですから、「選んだ写真とは雰囲気が違うなぁ」と思って当然。
またルックスだけで選んで、手抜きされたという経験を持っている方も多いでしょう。
 ※ルックスが良くてサービスが良い子は、多くは指名で付いてしまうので写真で選ぶことができることは少ないものです。

 そこで優先順位を「やさしく性格のいい子」にしてみます。これはお店の方に聞かないと分からないですが、新人を押し付けられなければ、まあそのような子を紹介してくれたりします。ここら辺が良いお店と悪い店との違いでしょう。(悪い店だと回転率の悪い子を押し付けてくる)
あと 年齢のちょっと上のお姉さんの方がよかったりもします。経験も多いでしょうし、守備範囲が広かったりします。プリントを渡しても、笑顔で読んでくれたりするので、助かります。これが若い娘さんだと、心の中で「ちょっと変態?」と思われそうで。

ということで、「痴女」やイメージ系でお相手してもらうなら、ちょっと年齢の上のお姉さんで、優しい子がBESTでしょう。

※待ち時間があれば、他の子の写真も見せてもらいましょう。次回来るときの指名の参考になります。

○エチケット

 風俗嬢も感情のある人間ですから、誰でも気持ちよく仕事したいと思っているはず。要求することがやってあげたいサービスの範囲なのか、我慢の範囲に入っているのかは、大きな違いです。また、「頑張ってやってあげたい」と思ってもらった方が絶対にお得なので、とにかく丁寧に接してあげましょう。

ちなみに嫌われる典型が
  ・傲慢な態度
  ・不潔
  ・乱暴

と、これは誰だって嫌な客ですよね。
金で女を買っているんだという態度や、自分の買った性のはけ口の道具のように風俗嬢をまるで物のように乱暴に扱ったりと、常識では考えられないような話も多々聞きます。だからこそ、紳士的なマナーを持って接し、自分の要求を伝え一緒に楽しむことが出来れば、相手も人間、一生懸命答えてあげようと頑張ってくれます。



○ どの店に行く?

 もちろん自分の希望するプレイが出来る店ですが、広告だけではどこがいいのかわからないものです。また値段もピンキリですが、ここは満足を得ることを目的にするなら、絶対に「評判の良い店」にしましょう。値段も少々高いかもしれませんが、安くて中途半端なお店に2回行くよりは、2回分の金額の店に1回行った方が、絶対的に満足度が違います。
女の子の質、サービス、対応、満足度、どれをとっても中途半端な店では到底得られないものばかりです。またその時の満足度はその後も続くものですから、実は結構お得なんです。1回我慢してでも良い店に行って最高の満足度を得た場合は、次はお店のホームページを見ただけでオナニーできるぐらいです。それぐらいお得なのです。

痴女ザーメンマニア推薦風俗店

 

○何回発射する?

 これは事前に決めておいた方が良いです。濃厚な1発なのか、2発はイキたいのか。これによって発射時間が変わってきます。濃厚1発はとにかく時間内はエロエロモード満載でダラダラとフェラされ続けながら楽しめばいいので問題ないですが、2・3発発射予定の場合は、とにかく1発目の発射時間が重要です。基本はスタートしてから10分以内に1発目発射。インターバル後、2回戦突入。このペースなら間に合うでしょう。
回数を出す場合は、1回の発射量を少なめにしないといけません。これは簡単で、おっ立ってからそのまま発射するのが一番弾数が少なく、途中で我慢したりする度に、ドクンドクンと銃身に弾が込められていくので、射精量が増えて2回戦が難しくなります。ここのところを考えて、2回戦予定の場合は、お店に入る前に少しエロモードを高めておいた方がいいでしょう。マンガ喫茶やコンビニでエロモードを高めておくとか、街の女子高生の後をつけてみるとかして、エロモードを高めてから突入するという方法もありでしょう。

 

○お得な情報

 風俗店に行く前に、割引券をGETしておきましょう。風俗誌、風俗新聞などは、購入金額よりも割引金額の方が大きいので、行きたい店が載っていることを確認したら購入→お店へ。 インターネットで事前に割引券をプリントアウトしていったり、最近では携帯サイトに割引券を掲載している場合もありますので、事前に調べておいた方が良いでしょう。
あと 割引時間や割引期間の確認はしておいた方が良いです。

 

どうせ行くなら「旅の恥はかき捨て」、思いっきりエロオヤジになりきって楽しみましょう。ただし、気持ちの悪いオヤジにだけはならないように気をつけましょうね。

 

 

よもやま話 メニューへ

痴女ザーメンマニア メニューへ